この道を歩く

「この道を歩く」


  恩師青木新吾先生から教師として母校福岡農業高校の陸上部監督を受け継ぎ,駅伝部の強化と全国制覇を目指して陸上競技人生をスタートされた坂井和義先生。
教師生活最後の10年は全国高体連陸上競技部の常任委員,競技力向上副委員長,同委員長を務められ,退官後も福岡県陸上競技協会の理事長,福岡県体育協会の強化委員長,日本陸上競技連盟理事として活躍されました
母の願いである「教師の道」そして,陸上競技の指導者としての道を歩き続けた人生を資料とともに語った一冊です。


 

書  名 「この道を歩く」
著  者 坂井 和義
発  行 坂井 和義
製  作 (株)陸上競技社
頒  価 2160円(税込・本体2000円)
直販価格 2345円(代引価格2850円)
初  版 2012年12月8日

 

書籍を購入する