世界リレー2019PREVIEW

世界各国の有力国がリレー・ナンバーワンの国を目指す、〝世界一の運動会〟といえる、IAAF世界リレー2019が、5月11日、12日の2日間にかけて、横浜国際総合競技場で開催される。
 この大会は2014年に新設された、リレーのみ実施される世界大会。過去、14、15、17年と3回行われ、いずれもバハマ・ナッソーが舞台だった。大いに盛り上がりを見せた大会が、今年は日本で開催。米国やジャマイカなど、すでに世界のトップ選手たちが来日している。

注目を集めるのは男子4×100mリレーだ。日本は、2008年北京五輪銀メダル、16年リオ五輪銀メダル、17年ロンドン世界選手権で銅メダルを獲得。リオ五輪の決勝でマークした37秒60は、国別での世界歴代ランキングにおいて、ジャマイカ、米国、英国に次いで4位で、まさに日本の〝お家芸〟といえる。
 今回もリオ五輪メダリストを中心に、日本のトップスプリンターが集結。8日には、1走・多田修平(住友電工)、2走・山縣亮太(セイコー)、3走・小池祐貴(住友電工)、そしてアンカーに桐生祥秀(日本生命)を据えるメンバーでバトン練習を行ったという情報もある。
 対する海外勢は、アメリカが強力なメンバーをそろえてきた。日本でも人気の高い、17年ロンドン世界選手権100m覇者のジャスティン・ガトリンを筆頭に、昨年200m19秒65でワールドリーダーだったノア・ライルズ、元100m世界記録保持者のリロイ・バレルの息子で9秒93を持つキャメロン・バレル、100mのベストが9秒85のベテラン、マイク・ロジャースら、そうそうたる顔ぶれ。
 ジャマイカは、出場が期待されていたヨハン・ブレイクはエントリーから外れたが、ネスタ・カーターらが出場予定。日本の最大のライバル・中国も、100mアジア記録9秒91の蘇炳添、100m9秒97・200m20秒16の謝震業といった2枚看板がそろう。

 この大会で決勝に進出すれば、今秋のドーハ世界選手権の出場権を獲得できる。そして、世界選手権で入賞すれば、来年の東京五輪が決定。つまり、この大会がTOKYO2020につながる大事な一戦となる。日本にとって悲願のリレー世界大会金メダル獲得なるか!? 注目の4×100mリレーは、12日(日)20時52分スタートの予定だ。