北海道マラソン2018 展望(『月刊陸上競技』2018年9月号誌面転載記事)

MGCシリーズ2018-2019の第1戦 北海道マラソン2018

「MGCファイナリスト」目指して男女ともトップ選手が集結

 来年の9月15日に東京五輪とほぼ同じコースでの開催が決まった、東京五輪代表選考レースのマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)。そのレースへの出場権を懸けて「北海道マラソン2018」が8月26日に行われる。男子が5大会、女子は4大会あるMGCシリーズの、第2期目のスタートで、男子は日本人1位が2時間15分00秒以内、同2~6位は2時間13分00秒以内、女子は日本人1位が2時間32分00秒以内、同2~6位は2時間30分00秒以内でフィニッシュすれば、MGCファイナリストとしてMGCへの出場権を得られる。
 第1期目のスタートを飾った昨年の北海道マラソンは、男子の村澤明伸(日清食品グループ)と女子の前田穂南(天満屋)がそれぞれ優勝して、MGCファイナリストの第1号になった。夏の暑さを考慮して他の大会より設定タイムが低めになっており、今年は男女とも多くのランナーが札幌に集結。今夏の猛暑は北海道にまで及んでいて、午前9時スタートでレース中どれぐらいまで気温が上がるか心配ではあるが、来年のMGC、そして2020年の東京五輪を狙うなら、良いシミュレーションになるだろう。
 男子は2時間13分、女子は2時間30分のフィニッシュタイムを目安に、25kmまでペースメーカーが先導するという。
 招待選手は下表の通りで、男子は2012年ロンドン五輪で6位入賞を果たし、昨年のロンドン世界選手権でも堅実な走りで10位になった36歳の中本健太郎(安川電機)や、2時間9分31秒(2016年、びわ湖毎日)の自己記録を持つ深津卓也(旭化成)ら。女子はロンドン世界選手権代表の清田真央(スズキ浜松AC)、2015年北京世界選手権代表の前田彩里(ダイハツ)ら、日本代表経験者が顔をそろえた。
 果たして今年は何人のランナーがMGCファイナリストに名乗りを挙げるのか。折しもジャカルタ・アジア大会と日程が重なり、アジア大会の男子マラソンは前日の8月25日、女子マラソンは同じ8月26日(ともに現地時間午前6時スタート)に行われる。8月最後の週末は、夏でも〝マラソン三昧〟になりそうだ。

北海道マラソン2018 主な出場メンバー

[男子]
●招待選手
深津 卓也(旭化成)      2.09.31
中本健太郎(安川電機)     2.08.35
大塚 祥平(九電工)      2.10.12
伊藤 太賀(スズキ浜松AC)  2.10.52
濱崎 達規(南城市役所)    2.11.26
下田 裕太(GMOアスリーツ) 2.11.34
鈴木  忠(スズキ浜松AC)  2.12.09
谷川 智浩(コニカミノルタ)  2.11.39
岩田 勇治(MHPS)       2.12.15
松尾 良一(旭化成)      2.12.11
中村 泰之(スズキ浜松AC)  2.12.36
兼実 省伍(中国電力)     2.12.58
五十嵐真悟(城西大学クラブ)  2.13.15
池田 宗司(ヤクルト)     2.10.59
福田  穣(西鉄)       2.09.52
イ・ビョンド(韓国) ※ソウル国際マラソンからの招待
●一般参加の有力選手
大六野秀畝(旭化成)      *1.01.32

[女子]
●招待選手
清田 真央(スズキ浜松AC)  2.23.47
沼田 未知(豊田自動織機)   2.27.27
加藤  岬(九電工)      2.28.12
井上 彩花(大塚製薬)     2.30.43
前田 彩里(ダイハツ)     2.22.48
奥野有紀子(資生堂)      2.31.17
池満 綾乃(鹿児島銀行)    2.31.21
津崎紀久代(ノーリツ)     2.31.33
床呂 沙紀(京セラ)      2.33.41
新井沙紀枝(肥後銀行)     2.34.40
●一般参加の有力選手
鷲見 梓沙(ユニバーサルエンターテインメント) *1.09.21
鈴木亜由子(日本郵政グループ) **31.18.16

※名前の右は自己ベスト
*=ハーフ **=10000m

※この先は2018年8月10日発売の『月刊陸上競技』9月号でご覧ください